こんにちは !!!!!


ディエブグについて

 

Diébougouは西アフリカ内陸、ブルキナファソの首都Ouagadougouから、南東へ約360km、車で5時間余り走った先、マリ、コートジヴォワールとの国境近くに位置する、人口約5万人の小さな街です。

二階建ての建物すら街にひとつしか存在しないディエブグにおいて、大地の汚染は未だほとんど始まっておらず、現在に置いても、生ゴミは家畜によって、もしくは畑の肥料として処理されるのでほとんど存在していません。土壁で作られた家は一定の周期をもって朽ち土へ還ります。鳥の骨さえも家畜が処理をする、ここには未だしっかりといのちの循環サイクルがそのまま存在しているのです。

ディエブグには立派なシアターやギャラリー、映画館などといった施設は存在せず、自身をアーティストと呼ぶ人もほぼいないといっても過言ではないでしょう。しかし、アートが存在しないというわけではありません。アートという概念に対する価値観は違えども、この生命力にあふれた土地、人々のエネルギーそのものが、アートとしてすでに存在しています。 

この赤い大地を訪れた人は、それらを目の当たりにし、必ず魅了されることでしょう。